ビットコイン再度急騰の原因

BTCチャイナの取引量の急増が原因

 米国債デフォルトはとりあえず免れたのですが、再度ビットコインが急騰を始め、1BTCあたり200ドルを超えました。
今回は中国での人気の高まりが原因のようです。
人民元なんか古い これからはbitcoinだッ! 中国で降って沸いたかの如きビットコイン・フィーバー
 ここ数日間だけで、最大のビットコイン取引所であるMt. Goxを抜き、BTCチャイナがビットコイン取引量世界1位となりました。
中国では大手検索エンジン「バイドゥ」が、音楽配信サービスの決済手段としてビットコインを採用していますが、それだけが要因ではないようです。
地方債務のデフォルト懸念や政情不安により、金余り富裕層や市民の手軽な安全資産として、最近になって認知されだしたビットコインが評価されているようです。
 世界第二位でカネを持っている国の事、更なるビットコインの価格上昇が予想されるでしょう。
前回高値の壁を突破するか、注目です。
2013年10月23日
 

他の記事も見てみる

ビットコイン急落の原因
マウントゴックスが機能不全に陥っているようです。
いっそのこと国家レベルでビットコインの代替物を作っては?
ビットコイン財団の副会長がマネーロンダリング容疑で逮捕され、ニューヨーク州ではビットコインに対する規制が始まるようです。
銀行はビットコインを規制したがっている?
まあ、手数料収入が減るので、至極当然な事ですが。消費者保護と言われても、綺麗事にしか聞こえませぬ。
1日当たり取引金額でペイパルを抜く
ビットコインの1日あたり取引金額が、業界大手のペイパルを抜いたそうな。
米国、中国の金融当局の反応
18日に米上院国土安全保障・政府問題委員会でビットコインについての公聴会が行われ、23日には中国人民銀行から「ビットコインを黙認する」との発言がありました。
前回高値更新、ビットコインATM登場
ついに前回最高値を更新しました。また、ビットコインATMがカナダで登場したようです。日本には来年初旬に上陸予定とか。
米国債のデフォルト問題とビットコイン価格
米国債のデフォルトが起こればビットコイン価格が再度高騰する?
ビットコインは通貨である(by米連邦裁判所)
米連邦裁判所が、Bitcoinは米国法の統制対象となる通貨であるとの判断を示しました。
ビットコイン一般化への動き
実現すればビットコインが一気に普及する??ウィンクルボス兄弟がビットコインのETF化を証券取引委員会に申請したらしい。
ビットコインの流通総価値が10億ドル超え
価格上昇の背景にはキプロスの金融危機の他に、ビットコインを扱うオンラインカジノの成功があるようです。
キプロス危機でビットコインの需要が急増
キプロスの経済的局面を懸念した欧州の投資家がビットコインを買ったことから、これまでは1ビットコイン=40ドルだったが、2週間で同72ドルに上昇したという。