BTCチャイナの取引量の急増が原因

BTCチャイナの取引量の急増が原因

 米国債デフォルトはとりあえず免れたのですが、再度ビットコインが急騰を始め、1BTCあたり200ドルを超えました。
今回は中国での人気の高まりが原因のようです。
人民元なんか古い これからはbitcoinだッ! 中国で降って沸いたかの如きビットコイン・フィーバー
 ここ数日間だけで、最大のビットコイン取引所であるMt. Goxを抜き、BTCチャイナがビットコイン取引量世界1位となりました。
中国では大手検索エンジン「バイドゥ」が、音楽配信サービスの決済手段としてビットコインを採用していますが、それだけが要因ではないようです。
地方債務のデフォルト懸念や政情不安により、金余り富裕層や市民の手軽な安全資産として、最近になって認知されだしたビットコインが評価されているようです。
 世界第二位でカネを持っている国の事、更なるビットコインの価格上昇が予想されるでしょう。
前回高値の壁を突破するか、注目です。
2013年10月23日